筒井康隆作品の夢

筒井作品を読んでいると、登場人物が話しかけてきた。

 
「あなた。さっきから筒井作品を読んでるつもりになってますけど、これは夢ですよ」

「あっ。たしかに夢ですね。でも、読むのやめたら眼が醒めてしまいそうです」

「読むだけ疲れますから、いっそ眼が醒めた方がいいのでは」

「でも、起きたらどうせ筒井作品を読まなきゃならないんで、同じことですからこのまま読んでます」

「いやいや。だから、これあなたの創作ですって」

「ファンとしては、ぼくの書いた筒井作品もチェックしておきたいものなんですよ」

「そうですか。言ってる意味がわかりませんが、それならお好きになさい」